Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ドロ刑

ドロ刑最終回ネタバレ&原作結末!斑目勉(中島健人)が小平美希と恋人に!?

 

ドロ刑-警視庁捜査三課-最終回ネタバレ&原作結末!斑目勉(中島健人)が小平美希と恋人に!?

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」中島健人(Sexy Zone)主演ドラマ

中島健人さん演じる新米刑事の斑目勉

遠藤憲一さん演じる伝説の大泥棒の煙鴉

斑目勉を一人前の刑事にするために、大泥棒が捜査協力をするという新感覚のドラマ!

なぜ大泥棒の煙鴉が斑目に手を貸すのか、目的はなに!?

さらに、斑目勉は同じ警視庁捜査三課の小平美希(石橋杏奈)のことを「カワイイ」と言っていたので最終回ラストでは恋人になるかも!?

原作や気になる最終回についても調査したのでぜひ★ご覧ください♪

「ドロ刑」見逃し動画配信中!

「ドロ刑」Huluの無料トライアルで視聴!>>

(無料期間内に解約すればお金は一切かかりません)

スポンサーリンク

ドロ刑最終回ネタバレ!斑目勉(中島健人)が小平美希と恋人に!?

ジャニーズの大人気アイドルグループ「Sexy Zone」のメンバーである中島健人さん!

「ケンティー」の愛称でドラマやバラエティ番組で活躍しています!

そんな中島健人さん主演ドラマ「ドロ刑」が子どもから大人まで誰もが楽しめる刑事ドラマが始まるということで注目を集めています★★

原作マンガは存在しますが、2巻までしか発売されていないため完結していません。

なので、原作が終わっていない以上、ドラマはオリジナルストーリーの要素が多そうです!

刑事部の花形・刑事部捜査一課とは違い、主に軽犯罪を取り締まる刑事部・捜査第三課。

そこは最も身近な犯罪、ひったくりや窃盗など日本の刑法犯の7割以上を捜査し、検挙率第1位を誇る課です。

そんな彼らは通称「ドロ刑」と呼ばれています。

主人公である新米刑事・斑目勉(まだらめつとむ)は憧れと希望に満ち溢れ、警視庁捜査三課第13係に配属されます。

しかし、警察組織の論理や現実を前にすっかりやる気を失くしてしまいます。

そんな斑目が出会ったのが、目撃者ゼロ、痕跡ゼロ!残していくものは不思議なタバコの香のみで誰も姿を見たことのない 幻の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)でした。

煙鴉は、何故かことあるごとに斑目にちょっかいを出し、 捜査協力までしてくれるようになります。

やる気を失っていた斑目が、伝説の大泥棒・煙鴉の豊富な知識と、巧みなアドバイスを受けて、時に力を合わせ、時に反目しながらも難事件を解決していきます。

新米刑事が大泥棒とコンビを組み、大泥棒から育てられ、人間として大きく成長していきます。

刑事として成長した斑目が、最後は大泥棒の煙鴉を逮捕するのではないかと予想します!

さらに、最終回のラストでは斑目が前から気になっていた同じ警視庁捜査三課の小平美希のことを「カワイイ」と気に入っていたので恋人になるのではないでしょうか!

小平美希は、斑目のピンチを助けてくれる同僚です。ポジティブでド天然キャラ。斑目を助けているうちに、お互い惹かれあっていて実は両想いに♡なんてこともありそうですよね!

誰も見たことがない、香りだけを残して証拠を残さない大泥棒の煙鴉が、何故斑目に手を貸すのか?その真意や目的は気になるところです(▼ω▼)!

 

さらに刑事として成長した斑目が煙鴉を逮捕するとなると、相棒としての信頼関係も厚くなってきているだけに切ないシーンとなりそうです!

 

最初から最後まで見どころ満載のドラマになりそうなので、目が離せませんっ!!

>>「ドロ刑」動画無料視聴はこちら!

スポンサーリンク

ドロ刑原作結末とドラマ版の違いはどこ?

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の原作は福田秀さんの同名漫画になります。

集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載中★

2018年5,6号より連載を開始し、早くもドラマ化になった大人気漫画です♪

コミックス1,2巻が好評発売中!

3巻が10月19(金)に発売予定です!

ドラマは10月13(土)に1話が放送されました。

1話の時点で原作と違う展開だとネットで話題に!!

 

キャストの設定など大きく変わっているところもあるので、オリジナルストーリーの要素が多いと思います!

 

そもそも、原作とのビジュアルの時点でイメージが違います!!!

(中島健人さんと遠藤憲一さんの配役を逆にすればよかったのかも…!?←)

 

 

主軸となる斑目勉と煙鴉を原作キャラと徹底比較していきます(▼ω▼)!

斑目勉(中島健人)

<<原作>>

■熱血体育会系。長身でガタイがいい。好物は丼物。

■とてもアクティブで、一週間寝なくても焼き肉丼をたいらげるほど。

■実際の花形部署は捜査一課であることを思い知らされやさぐれてしまうが、職務怠慢ではない。

■煙鴉を捕まえることに執念を燃やし、香りの正体を突き止めるために大量のタバコを購入して調べることも。

 

<<ドラマ>>

■アイドル顔ですらりと細身

■軽薄で乗せられやすいが、肝心なところは消極的

■どちらかというと仕事よりもプライベート重視!?

「警視庁捜査三課の新米刑事で、意欲がない」以外の共通点が皆無です(TωT)

 

 

煙鴉(遠藤憲一)

<<原作>>

■色白で華奢な体型。サラダやフルーツ、カフェのフラペチーノが好物!

■階段を登るだけで息切れ。ちなみにアラフィフ!

■斑目の捜査について行きたい!と言う。

 

<<ドラマ>>

■遠藤憲一さんは、顔の堀が深くて濃いタイプ。ちなみに57歳!

■「俺が一人前の刑事に育ててやる!」と上から目線でちょい暑苦しい一面も。

こちらも違いますね!!!

遠藤憲一さんが、原作のひ弱でのんびりとした煙鴉を演じるのはちょっと無理があります(TωT)

 

他には、原作にはないオリジナルキャラが多数出演しています!

■美人係長・鯨岡千里(稲森いずみ)

■変装の達人・宝塚瑤子(江口のりこ)

■手口捜査のスペシャリスト・細面隆一(野間口徹)

■元指名手配犯専門の肉体派・勝手口利治(丸山智己)

■科捜研の美脚研究員・霞沙織(田中道子)

このように個性的なキャラが集まっています!

 

 

なぜこんなに原作と変えてくるのか!?

その理由は、原作漫画では斑目と煙鴉のと事件の当事者しか登場していない場面が多く、警察内部の人間関係などは殆ど描かれていないのです!

それだと、登場人物が少なすぎてドラマとして成り立たないから設定を変えてきているのだと思います!!

ドラマとしては、斑目と煙鴉だけではなく、たくさんのキャラが登場して、みんなが力を合わせて事件を解決する!

そして、警察内部の人間関係もあった方が面白い!

そう考えた方が自然かなと思います♪

 

 

原作と設定が変わっていても最終回の結末予想は

 

斑目が煙鴉を逮捕する!!!

 

煙鴉が斑目を一人前の刑事に育てあげたとしても、大泥棒と刑事という関係性は変わりません!!

なので、今後何かしらの犯罪で煙鴉である証拠を斑目が見つけた場合、斑目は強い正義感から見過ごすことはできないと思います。

それを分かっていて、煙鴉は斑目に自分を逮捕しろ!と言うと思います。

その頃には斑目と煙鴉の間には深い絆が生まれているのだと思います。

なので、斑目は泣きながらも正義感を通して逮捕する流れかなと予想します!!

最終回は涙ものですねっ!!!

>>「ドロ刑」動画無料視聴はこちら!

スポンサーリンク

ドロ刑twitter評判&感想!中島健人(ケンティー)が可愛いと話題!

ドロ刑-警視庁捜査三課-のtwitter評判と感想です♪


毎週土曜日にこんなに可愛い中島健人(ケンティー)くんを見ることが出来るなんて幸せですね♡

全体的に可愛いワンコみたい(´艸`*)♪

けれども、取り調べ室で見せる鋭い視線にギャップ萌えしてしまいます(*ノωノ)♡

「ドロ刑」無料動画で超絶可愛い中島健人くんの刑事姿に注目♡>>

スポンサーリンク